2012年 02月 11日

白鷺

シラサギは風景の中に入れても存在感があるのでよく撮影します
c0116464_1855532.jpg

水が冷たいなんて言っていられませんね・・餌探しは大変です
夕暮れが迫るころ魚たちも動き回るのかそれを追いかけるサギも忙しそうです。
サイズ的にはチュウサギでしょうか?遠いので特徴が見えません。
[PR]

by vangino | 2012-02-11 18:11 | 自然と生き物 | Comments(4)
Commented by ten-zaru at 2012-02-11 20:51
vanginoさん、今晩は。
体の大きなサギは、余り近づいて撮影するよりも
風景を中心にする方が雰囲気が良くなる気がします。
Commented by Sippo5655 at 2012-02-11 21:21
静かに佇むサギさん・・・
郷愁を感じますね。
そうですよね、冷たくても、ここにごはんがあるから
一生懸命ですね。
やっぱり、魚は朝夕なのでしょうね。
がんばって サギさん
お腹いっぱい食べられるといいね!
Commented by sorabayasi at 2012-02-12 14:51
こんにちは。
冬枯れの水辺とサギ、心和む光景ですね。
サギ類は辛抱強いですね。
じっと待って、抜き足差し足で餌に近付いても
100%ご馳走にありつけないことが多いようです。

↓、冬のツバキが葉の下に花を付けるのは
霜や雪、寒さから花びらを守るためだ、と
ツバキに詳しい人から聞いたことがあります。
Commented by hirokazu0528 at 2012-02-12 23:33
こんばんは^^
すごく惹かれるシーンですね。
こういう光景は大好きです。
落ち着いた雰囲気がたまりません^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 薄雪の山路      絞侘助 >>